11月1日から新サイトに移行しました。URLは下記の通りです。リンクしている場合はURLを差し替えていただくようお願いいたします。

http://www.wonderlands.jp

December 19, 2004

HEP HALL プロデュース「ハムレット」

 「現代口語訳でよみがえる悲劇の名作。ゴシック・ボンテージなコスチューム。インダストリアルなノイズサウンド。21世紀を生きるあなたにこそ贈る、まったく新しい『ハムレット』。あなたはまだ本当の『ハムレット』を知らない」-こんなうたい文句でシェークスピアの「ハムレット」が大阪・梅田のHEP(Hankyu Entertainment Park)で上演されました(12月5-19日)。
 演出にランニングシアターダッシュの大塚雅史、舞台美術などをデザイナーの黒田武志、音楽はBABY-Qの豊田奈千甫、翻訳がTAKE IT EASY!の中井由梨子など。「中西理の大阪日記」がこの公演を取り上げています。

 「南河内万歳一座がかつて上演した前例はあるが、関西では小劇場系の企画としてシェイクスピアが上演される機会は少ない。しかも今回は主演のハムレット役をエビス堂大交響楽団の浅田百合子が演じるなど関西小劇場の若手中心のキャスティング。若さゆえの課題もそこここで残ったが、清新という意味では好感の持てる『ハムレット』であった」などと述べて、さらに詳しくリポートしています。

 「知念くにこ的考察の日々」は「このハムレットは現代口語訳の青春ハードボイルドという新しい切り口で、登場人物は全員ボンデージ・ファッション、音楽もノイズサウンドと結構前衛的な取り組みでした」と述べた上で「非常に完成度が高かったです。青春ハードボイルドという表現どおり全体に「動き」があって、観る人をぐいぐい引き込む強い磁力のようなものがありました」と報告しています。

HEP HALL TheatreのWebサイト
■上演記録
作:W・シェイクスピア 翻訳:中井由梨子(TAKE IT EASY!) 
演出:大塚雅史(ランニングシアターダッシュ) 
アートディレクション:黒田武志(sandscape) 
音楽:豊田奈千甫(BABY-Q) 
出演:浅田百合子(エビス堂大交響楽団)、山浦徹(化石オートバイ)、赤星マサノリ(劇団☆世界一団)、入谷啓介(エビス堂大交響楽団)、大島由香里、宮腰健司(ランニングシアターダッシュ)、小松利昌(劇団☆世界一団)、森本研典(劇団太陽族)、や乃えいじ(PM/飛ぶ教室)、武田操美(劇団鉛乃文檎)、原尚子、関秀人、他

Posted by KITAJIMA takashi : December 19, 2004 08:57 PM | Trackback
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?