11月1日から新サイトに移行しました。URLは下記の通りです。リンクしている場合はURLを差し替えていただくようお願いいたします。

http://www.wonderlands.jp

May 14, 2005

ジャンバルジャンパイレート「グランバザールX」

 いつも軽快なフットワークで小劇場を回っている「休むに似たり。」サイトのかわひらさんがJAM BAL JAN JAN パイレートの公演を取り上げました。
 「スピード感溢れる台詞、スタイリッシュでパワフルなダンス、センスのいい衣装や装置、加えて笑いも結構あったりする、清水恵利奈さんのユニットJBJJPの新作」
 こう書かれると、みたくなりますね。でも、いわゆる芝居を体験するのとはちょっと違った空気がステージに流れているようです。
 「物語を追って行こうとすると、おそらく失敗するのです。つぎつぎと浴びせられかける言葉、見た目の美しさに身をゆだねるのです。作家の思索の断片が、めまぐるしく提示されるのです」
 なるほど、なるほど。具体例は、「休むに似たり。」サイトでどうぞ。

 JAM BAL JAN JAN パイレート(JBJJP)のWebログに出演者の紹介はありましたが、JBJPの旗揚げ時期や活動の紹介は見あたりませんでした。ネット上にも、まとまった記事はありません。1995年の第5回ガーディアン・ガーデンフェスティバル演劇フェスティバルに出場(「極めて普遍的なベルベット・カフェは存在するか?」)。2002年9月には「書物」を題材にした作家達による短編作品の競演「書物をめぐる演劇の冒険」に出演。小松杏里(月光舎)さんが評価していた(「乾坤一擲」)ことなどが断片的に分かりました。

 [上演記録]
◆タイトル:「グラン・バザール × (エックス)」
◆日程:2005年5月6日(金)~8日(日)

◆作・演出:清水恵利奈
◆出演:阿保聖子/metan/清滝美保/桜井翔子/清水エリナ/
鈴木裕美子/水野恵美/榎本真弓
◆会場:ウエストエンドスタジオ(東京・中野)

Posted by KITAJIMA takashi : May 14, 2005 12:21 PM | Trackback
コメント

清水本人です。パソコンなく漫画喫茶で慣れぬローマ字変換と闘いつつ打ってます。かな変換にどうしてならぬのか!!!!!!
それはさておき。観て戴けた事、本当に本当に嬉しく思います。毎回終えるたび、自分のやっていることが、なんなのか。単なる自己満足なのか?どうして世界は拡がってゆかぬのだろう、そんなにつまらんことやっとるか?俺ら。
と、天を仰いでいます。ここ3回の公演で何かが変わってきているのに。
それにしてもたった1回の観劇でよく台詞覚えましたね、すばらしいです。
そして。ありがとうございます。

Posted by: 清水エリナ : May 20, 2005 11:38 PM
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?