11月1日から新サイトに移行しました。URLは下記の通りです。リンクしている場合はURLを差し替えていただくようお願いいたします。

http://www.wonderlands.jp

パパ・タラフマラ「パレード」

 パパ・タラフマラは息の長い活動を続けています。Webサイトをみると、1982年の公演がトップに載っているので、20年余りの長い歩みを続けてきたことになります。
 今秋、稽古場としても使っているスタジオサイで開かれた「島~ISLAND」公演をみました。ぼくがパパ…のステージを何度かみたのはもう10年あまり前ですから比べるといっても期限切れかもしれませんが、やはり年月の重みを感じさせるパフォーマンスでした。詳しくは別の機会に譲りますが、渋い、熟成した雰囲気が漂っていると思います。
 以下、参考までに、90年末の「パレード」公演について書いた感想を掲載します。

◎PAPA TARAHUMARA /PARADE
1990年12月26日、青山スパイラルホール。

冷たくてあったかい。モダンで懐かしい。さり気ないのに緻密…。そんなふしぎな撞着に出会うことはないだろうか。パパ・タラフマラの「パレード」公演をみて、相反する二重三重の感情のもつれを体験した。

パパ・タラフマラを初めてみたのは一昨年の秋、東京・恵比寿のファクトリーで行われた「パレード」公演だった。今回は東京・青山のスパイラル・ホールでの年末公演。何度か上演している代表的作品だけに、骨格は変わっていなかった。

白が基調のステージに、先の丸い白の円筒が何本か立っている。やはり白っぽい運動着ふうの衣服を身に着けた男女が、素早く、あるいはゆっくり、時には疾走して舞台を横切っていく-。そんなオープニングに、モダンなステージの特質がよく出ているように思えた。

言葉はほとんど出てこない。鳥の交信のような短い叫び、意味不明の言葉の散布が時折、ミニマル風ありアフリカのリズムありの音楽に乗ってみられるだけ。とりたててストーリーがあるわけでもない。時折ふしぎな形態のオブジェが現れ、出演者が戯れたりする-。

 基本のコンセプトをむりに振り付けたりしないから、こちらの身体にも余計な力が入らないし、自然なまなざしでいられた。 だから「意味」を汲み取ろうという試みは、肩すかしを食わされる。ぼくらはただ、そこに拡がるひとの動き、光と影(照明)、空間を演出する音楽に身を浸し、同調するだけである。

そんな「充実した空白」とでも表現するしかないステージから、何が浮かび上がってくるのだろうか。

都市でなければ発想できないモダンなオブジェや音楽。汗も臭いも感じさせない白っぽい清潔感。「意味」を消去する洗練されたスタイル。どこにでもあって、どこにもない、宇宙の異星に現れる無国籍の風景-。海外にも通じる普遍的な内実であろうか。

しかし何かが足りない。隙のない動き、統率された空間に欠けているのは何だろうか。しばらくぼんやりしていると、あるイメージが浮かんできた。それは笑いだった。身体に宿る哄笑、爆笑、失笑、微笑…。場を和らげ、空気を解き放つ笑い-。

 アランはたしか「幸福だから笑うのではない。笑いが私たちを幸福にするのだ」と語っていた。そのたった一つの欠如が、パパ・タラフマラの国境と国籍を、それこそさり気なく表しているように思えた。当然のことながらそれは、ぼく(ら)と通底しているという痛みの感覚を伴っている。

パパ・タラフマラは新作「ストーン・エイジ」の東京公演を3月にした後、京都、大阪、名古屋でも公演する予定という。また秋にはロンドンで開催される「ジャパン・フェスティバル91」に参加が決まっている。

それが待ち切れない人は、TEL0425(74)3270(サイ)でイベントやCDの問い合わせを-。
( 初出:医療総合誌 「ばんぶー」 1991年2月号)

Posted by KITAJIMA takashi : 05:53 PM | Comments (2) | Trackback

H・アール・カオス公演「白夜」

 舞台批評家の志賀信夫さんが「Tokyo Dance Square」サイトに「白夜を見つめて」というタイトルで、H・アール・カオスダンス公演「白夜」(10月14日-15日、世田谷パブリックシアター)のレビューを書いています。
 H・アール・カオスは1989年、演出・振付家の大島早紀子とダンサー白河直子により設立されたダンスカンパニー。独特な美意識と哲学に支えられた創作活動は国内外で高い評価を受けている。今回の白夜公演に関して次のように述べています。

 「白河直子のソロは、いつも同様の存在感で見ごたえがあるが、かつての暴力的とも思えるほどの早さと強さは感じない。そして、そのぶんしっかりとした風格のようなものが備わってきた。また、そぎ落とされた裸身の上半身を反らせた姿の美しさは、例えようもない」
 「大島早紀子は雑誌『Bacchus(バッカス)』(02号)のインタビューで、「『白夜』は夜の闇を失った時代の寓喩なのです。テクノロジーに取り憑かれた現代人の悲鳴を表現できればと思います」と語っているが、むしろ19世紀末小説やゴシックロマンに通じる、闇の幻想的世界に、デジタル映像が乱入するという印象が強かった」
 同時に多くの写真が掲載され、ステージの一端が伝わってきます。

 「H・アール・カオス」サイトによると、山口公演(10月23日-24日)、北九州公演(11月21日)が予定されているようです。

STAFF
構成・演出・振付/大島早紀子
照明/笠原俊幸
舞台監督/北條 孝、佐川明紀
音響/関 克郎、清田泰孝
映像制作/横堀 晶
映像/竹内一浩
衣装/朝月真次郎
空間美術/H・アール・カオス
舞台美術/渡辺美乃利
制作/柏 雅弘、梅原洋子、廣中由美子
制作協力/カンバセーション

Posted by KITAJIMA takashi : 03:07 PM | Comments (0) | Trackback

October 20, 2004

三条会 『女の平和』

 古のアテナイの地に戦争の雨が降る。どうにも止まぬに業を煮やした女たちが緊急に会議を開く。リーダーたるリュシストラテは各地から同志を招集、議題は「如何に戦争をやめさせるか」。アリストパネスの『女の平和』とは、男たちのつづける戦争に女たちが性のストライキによって終止符を打たんとするギリシア喜劇である。戯曲、演出、俳優という三条の光柱が舞台に会す。演劇にとって当り前と云えば当り前の、しかしその圧倒的な力強さと魅力で他の追随を許さない三条会が挑んだ最古典劇は、関美能留の演出が炸裂し、本当に「演劇を観た」という手応えを実感できる刺激的な一夜だった。

 もう時代遅れなのだろうか、いわゆる9.11からイラク戦争の頃、世の中を反戦運動が席巻したが、ほとんど裾野にとってデモはパレード、反戦歌は流行歌、言葉は虚ろに懸命な叫びも響けど余韻は残らなかった。古典に対する態度も同様のことが云える。特にギリシア劇などは概念と様式ばかりが先行して取り扱われ、「古典」という名のもと無条件に礼讃されることがままある。海の向こうからの時差を無理に我が身に抱き寄せたところでポーズにとどまり、さりとて今の生活感覚に沿って等身大に縮小すれば事実や物語を歪曲するだけなのである。これは一種の反戦劇でもある作品だけれど、関版『女の平和』は二十一世紀の日本に生きるわたしたちが声を大にして戦争反対を唱える胡散臭さを絶妙に回避し、本質を見事に抽出した上で現代に引きつけられている。しかも、ただわかりやすいだけではない、本当の意味での古典作品を現代に上演する試みが証明されている。

 「目眩く」という言葉がよく似合う舞台には一見、アリストパネスの影も形も消えてしまっているかのようだ。しかしよくよく観ていれば、たしかにアリストパネスの鋭い批判意識と猥雑さが心のあらゆる岸辺に押し寄せてくる。ギリシア、アテナイ、反戦、平和、オリンピック。恐ろしく単純な連想ゲームになってしまったけれど、遊び心沸き立つ祭典に宝石箱のような趣向が凝らされ、大上段に構えることのない反戦劇に仕上げられていた。そこで起こるすべて事は至極シンプル且つ親切なのだった。

 性愛は生活の必要である。男女変わらぬ生命の根幹である。従って我慢にも限界がある。いい加減に困り果ててしまうのだ。しかし、一方的ではない。互いに強いた忍耐の攻防の末、比較的あっさりと男が折れた。結局のところ戦争とは男同士のとったとらない、欲しい嫌だという喧嘩なのであって、単純化すれば殴り合いや「ぐさ」「いて」と刺しつ刺されつする一事に他ならない。男と女の風景も、男の強がりと情けなさに集約される。今日の性意識とのズレを、コミカルな男女模様と性描写によって、心情の上で大いに共感できる、しかし戯曲の風味は損なわない寓話として映しだした。降り止まぬ雨はイメージの連鎖を経て、やがて平和的な解決に向っていく。ピンカートンの帰りを信じて待つ蝶々夫人が歌う、プッチーニは『蝶々夫人』〈ある晴れた日に〉の美しさとともに、立崎真紀子から榊原毅へと移行したリュシストラテの宣言を受けて朝陽の注ぐなか、別れし男女は再びひとつに戻る。それまでの猥雑は静まり、神聖な光に満ちた大団円のフィナーレである。

 三条会は思想とか哲学とか呼ばれるものを、叩いて千切って丸めて捏ねて、しかし決して放り投げない。否、遙か遠くへ投げ飛ばす、ように見せる。行方を追うも視線の先には太陽が輝くばかり、ふと振返れば彼の手に花一輪、姿を変えてそこに在る。浅はかな予測などはまるで信じられぬ角度から裏切られる魔術的演出。BankART1929馬車道ホールの上下、左右、縦横、遠近とあらゆる位相に俳優が配され、すべての場所で同時多発的にそれぞれ登場人物の心情が交差する立体的空間。各場で温度と速度の抑揚が波のように襲いかかり、展開につれ楽しさに拍車がかかる、健康的な衝撃の連続。胸躍り、しみじみとし、笑いが溢れる。知性に富んだ比較の矛先を探せないユーモア感覚。荒唐無稽な哄笑とも昨今流行のナンセンスとも違う上質の喜劇がそこにはあった。もはや単なる古典劇の翻案ではない、紛うことなき現代演劇としての三条会的喜劇である。俳優の汗と唾、肉体の脈動。鍛えあげられた声の交響楽。次々と空間が塗り替えられていく、オリンピック競技300種目を束ねたような躍動を繰り返しながら50分をただならぬ昂奮のうちに駆け抜けた爽快感に、思わず我を忘れてしまった。肩こらず楽しめ、奥深い人生を考えさせてくれる。こうした魅力溢れる演劇を、身体中の全細胞が希求している。(後藤隆基/2004.10.15)

Posted by : 01:39 PM | Comments (0) | Trackback

October 18, 2004

チェーホフ記念モスクワ芸術座 『リア王』(演出:鈴木忠志)

 1984年、「利賀山房」における劇団SCOTの初演以来、世界中で絶賛されてきた鈴木忠志の代表作『リア王』を、ロシアリアリズム演劇の総本山であるモスクワ芸術座が上演する。今10月末のモスクワ芸術座公演に先駆けての静岡初演である。鈴木忠志と芸術座は水と油ではないか、などと素人考えに杞憂してしまったが、起用された劇団の若手俳優たちは馴染みのない演技と身体表現の要求にもかかわらず、流石の力量を見せつけた。日本語字幕はあるものの、ロシア語で語られる台詞に言葉自体の意味伝達性は弱かったけれど、そこは台詞回しで聴かせ、また物語を十分に届け得る身体演技の美しさは刮目に価する。

 親子の生き方の違いが悲劇を呼び、その信頼と愛情が問題化される中にリアの精神錯乱が狂乱にまで高まる『リア王』。鈴木版では病院を舞台に、家族の崩壊によって精神を冒された車椅子の病人(狂人)が主人公となる。男の過去の記憶が『リア王』の物語と重なる。自身がリア王となり、幻想世界の住人として物語を語れば、病院という「現実」と男の住まう「幻想」という二層の劇構造により、そこで演じられる『リア王』は劇中劇として機能する。男の意識がつくりあげた登場人物と実際の病院の医師や看護婦は舞台に同居しながら、互いに気づくことはない。男を媒介にして二つの世界が奇妙な符合を見せ、混沌とした人間の意識を観客に示していた。外界の刺激が内部に与える影響が視覚化されて舞台に立ち現れる。リア王のような孤独と狂気は、誰もの横に寄り添うているのである。明確な意図と徹底した演出のため、尊厳は保たれ、決して浅くならない。そうした二重構造は悲劇的な緊張感に滑稽味と不吉さを与えていた。最終場でヘンデルの「ラールゴ」が音量を上げながら、男の死体を傍に『リア王』を読みつづける看護婦の哄笑響く幕切れの美しさには胸が震える。

 劇全体を通して抑制された表情や動作は、たとえば今なお記憶に新しいシンクロナイズドスイミングのロシア勢に見える豊かな感情表現とは正反対である。表情は殆ど一定に保たれ、足袋を履き、普段の生活ではあり得ない制約を受けながらの演技を要請されている。しかし、たとえば車椅子での脚の動きや、人形の如く直立しながら上半身をつかった振付などに顕著な恵まれた肢体が描く大きな軌跡は、日本人俳優では届かない身体美にも到達していた。細かな所作などにやや未完成はあるにせよ、十分な教育を受けた俳優の力には圧倒される。また、様式美が時に過剰な印象もあったが、稽古により解決される範囲内の問題であろう。リアリズムが写実ではなく「真実」主義であるならば、鈴木忠志の方法論が厳しい規範に基づく特殊な様式であっても、モスクワ芸術座の現代俳優に無理なく浸透するはずなのだ。

 ロシア人俳優の肉体と鈴木忠志の幸福な出会いは、奥床しさと荘厳なスケール漂う舞台を生んだ。白鳥が空を舞うことはないが、大地に根ざした力強く美しい能とバレエの融合とでも云えばいいか、そんな幽玄と華麗の混在する新しい『リア王』の姿がある。鈴木忠志が演出する、物語を貫く悲哀と静かな滑稽はどうやらロシアの民族性とよく似合う。堂々たる「芸術」という呼称を以て何ら遜色のない演劇的舞台の萌芽を見た。今後さらに訓練を積み、俳優たちがスズキ・メソッドを獲得していくとしたら、「スズキ・バレエ」とでも云うべき『リア王』が確立するかも知れない。という考えは少しばかり突飛だろうか。(後藤隆基/2004.10.17)

Posted by : 11:34 PM | Comments (0) | Trackback

俳優座「きょうの雨 あしたの風」

 「福岡演劇の今」サイトが俳優座「きょうの雨 あしたの風」公演(9日、ももちパレス)を取り上げ、「この舞台が俳優座作品?という違和感」の題で「劇団の伝統」を問いただしています。
 「きょうの雨 あしたの風」は原作が藤沢周平の短編。吉永仁郎脚本、安川修一演出。02年に俳優座で初演。今年は東北と九州の地方公演が行われたようです。
 「この舞台が俳優座以外の劇団によるものだったら、何のわだかまりもなく褒めることができる。描かれた世界では、人情の機微をていねいにとらえて庶民の生活のなかの哀歓をたっぷりと見せて楽しめるし、そのことは評価もできる。だが、徹底的に知的な舞台をめざした俳優座が、このような人情の世界に安住の場所を見つけたとすれば、かっての伝統はどうなってしまうのか。それなりにおもしろくて、それを俳優たちが楽しそうに演じていればいるほど、心の底からわびしさがこみあげてきた」と述べています。
 

Posted by KITAJIMA takashi : 05:43 PM | Comments (0) | Trackback
 1  |  2  | 3 |  4  |  5  |  6  | all pages