11月1日から新サイトに移行しました。URLは下記の通りです。リンクしている場合はURLを差し替えていただくようお願いいたします。

http://www.wonderlands.jp

うずめ劇場「ねずみ狩り」

 「福岡演劇の今」(薙野信喜)に、「最初の男女ふたりによるねずみ狩り、そしてラストの男女ふたりがねずみとして狩られる、そこはおもしろいのに、そのあいだに長々と続けられるゲーム―男女が身につけたものを捨てていく―が決まった結末に向かって一直線で、単調でつまらない。〈略〉演出も俳優も結末を当然と受け止め、〈略〉スケジュールどおりに破綻なく進めることしか考えていないためだ」という言葉をみつけた。東京シアターXのラクを見た私もまったく同じことを思った。

 作者はドイツのペーター・トゥリーニ。1972年の作という。まったく単純明快な設定、単純明快そして力強いプロット。ところはゴミ捨て場なのだから劇場さえ選べば装置も不要、ただ役者の力量だけが問われるはずの舞台だ。何よりその、“すべてを捨てる”という作者の選択が素晴らしい。口で言うのは簡単だがそれを選ぶ=書くことはほんとの思想になっていなければできることではない。観るものにそれができるか!?迫ってくる厳しさだ。ふっと昔ニューヨークのOff Offでみた「Death List」を思い出した。ギャベージ缶もそこらに転がっていそうな汚いビルの上階。黒人がひとり、銃の手入れをしながら殺してやりたい人間の名前を延々と挙げていく。そして、私たちの入ってきた扉が突如蹴破られて弾丸の音。姿はない。黒人は殺されていた。作・演出は誰だったか記憶にないが、私は実際客席で飛び上がっていた。

  男女ふたりの俳優はよく演った、と思う。生まれたままの姿で舞台に立つことは想像するよりずっとずっと大変なことにちがいない。その俳優たちを、上記評の指摘するとおり演出※は生かしきれなかった。白いビニ―ルのゴミ収集袋で埋め尽くされた舞台。覆い被さっていた大きな布地がさっと宙に舞い上がり車の座席が現れる――技術のある、見事な開幕といえよう。が、それはそれだけ。男の手帳?にこれまで交渉を持った何人かの女の名も記されていたと言っていたが、なぜ二人は他の相手とちがって互いにあらゆるものを捨てることができたか、それを演出は見逃した。二人は次第に脱ぎ去り捨て去り一糸纏わぬ姿になっていく。が、Wonderland by KITAZIMA takasiにも「交合の仕草をまねたり」「舞台を飛び跳ね」たりするだけ、「肝心の男性のシンボルに生気がなかった」とあったが、なぜ二人は互いに魅せられないのか。なぜ最高の美となっていかないのか。見るものの感性が引っくり返せるかどうか、舞台はこの一点にかかっていたはずである。

 終幕のライフル持った男二人も同様。戯曲にそうあったからそうやらせたというだけに見えた。「Death List」の黒々と口を開けたドア、得体の知れない恐怖は、創り手の感受をよく伝える一つの方法であった。さっきまでそこにいた自分は殺す側かも知れない。同時に、いつ殺されるか解らない恐怖だ。「ねずみ狩り」の演出にとって現代の恐怖は何だったのだろう。演出は「ねずみ」ではないのか?

  なぜ日本にこういう素晴らしい戯曲が生まれないのか。口惜しまぎれに思わず演出に毒づいたが、いい作品を日本に紹介してくれたことに感謝しないわけにいかない。いつかぜひ、鼠の棲みつきそうな小屋で、二人に惚れ惚れ見惚れるような再演を!と望みたい。     (2005.04.17)

Posted by : 01:02 AM | Comments (0) | Trackback

楽天舞隊「三人三色」

  たいていの俳優はただ与えられた役に力を尽くすだけ。表現の肝心かなめは作・演出におまかせで、そもそも表現したいことなんてまるで内部にないのじゃない? ずっと私は疑っていたのだが、それがそうではないと判って、嬉しかった。石垣まさき(第一話)、大田良(第二話)、中澤昌弘(第三話)、それぞれが原作を担当した楽天舞隊の「三人三色」である。原作を書いた俳優はむろん、それぞれの主役を演じる。俳優がただ演技が上手か下手かだけでなく、その人のものの見方、感じ方が見えて、いい。

以下、全文をご覧ください。

Posted by : 12:25 AM | Comments (0) | Trackback

May 03, 2005

劇団唐組「鉛の兵隊」

◎現在と昭和(?)が交錯する“大人の童話”

 スタントマン事務所「ドタンバ」の若き星である二風谷(にぶや)。幼少時から二風谷とは仲ふかく、自衛隊員として赴任しているムサンナ州から帰国する七々雄(ななお)。七々雄の姉でパーラー<マリー・ゴールド>の華である冴(さえ)。弟思いの冴が、二風谷に七々雄の身代わり(スタント)を依頼し、なんとかその期待に応えようとする二風谷・・・というのが、複雑なストーリーのおおまかな導入部です。

 第一幕の序盤が終わるころ、舞台に巨大なアクリルの箱(スタント事務所が請け負った縄抜け・脱出のマジックで使用したもの)が登場。そのマジックで脱出を果たせずに行方不明となったスタントウーマン“ララ”を、いまでも思い続ける伝説のスタントマン“荒巻シャケ”。彼女を思うあまり、その箱のなかで塩とともに埋もれている「新巻鮭」(荒巻が本当に鮭のレプリカを頭につけている)が姿を現して「塩の中から、ゴメンナサイ」のひとことに、場内は拍手喝采でした。単に笑いをとれる役者ということでいえば、小劇団のなかにもたくさんいるでしょうが、登場しただけで拍手喝采を沸き起こせるというのは、唐十郎ならではの貫禄ですね。

 ムサンナ州から帰国した自衛隊員という設定が、2005年の現在をなんとかつなぎとめていますが、舞台のセットやBGM(シャンソンや「桃色吐息」)をはじめ全体の雰囲気としては「昭和の日本」が舞台といっても過言ではありません。最近の若手芸人がテレビで繰り出すような“いまっぽい”笑いとも無縁です。30代前半の評者にとっては、幼かった頃の情景をかろうじて思い起こさせるノスタルジックな舞台でしたが、ハタチ前後の観客には違和感があったかもしれません。

 最近の小劇団の芝居をみていてなんとなく気にかけていたことが、今回の唐十郎の芝居をみてはっきりとしてきました。家庭や職場といった半径5メートルくらいの身辺で起こる日常的な出来事に題材を求めがちな前者に対し、時間的・空間的に広がりをみせて非日常的なドラマを提示しつづける後者。また、スマートで洗練されていてニヒリスティックともいえる人物設定と演出スタイルが多い前者に対し、愚直で粗野で直情径行な人物設定と演出スタイルを貫きつづける後者。

 いまに限らず、昔から唐十郎の芝居はほかと比べて独特なのだともいえるでしょう。そもそも、両者のアプローチは単に芝居に求めるものの違いというふうに割り切るだけのものかもしれません。ただ、唐十郎的な表現者が新たに登場していないように見受けられる現在の状況は、個人的には寂しいということを再認識しました。

 速射砲のごとく繰り出される長ゼリフに加え、終盤では二谷風、七々雄、冴のほか、七々雄の上官の匠(たくみ)や墨師の娘の小谷の感情が複雑に交錯するため、話の筋がやや難解になっていきますが、セリフの展開に合わせて照明と音響が小刻みに切り替えられていく演出は圧巻でした。ラストで、「ドタンバ」には戻らずに一人で骨拾いの仕事に行くという二風谷が、文字どおり「劇場のそと」へ飛び出してこちらを振り返り、終幕になります。

 アンデルセンの「鉛の兵隊」を知らずに公演に出向いたのですが、さほど大きな支障はなかったと思います。唐十郎流の“大人の童話”として堪能できること請け合いです(元の童話を知っていれば「錫のスプーン」とか「片足の兵隊」といった引用が楽しめるようですが)。なお、季刊の文芸誌『en-taxi』(扶桑社)の第9号に、唐版「鉛の兵隊」の文庫本がおまけとして付属しています。

 二幕構成で、幕間の10分を含めて2時間あまり。おそらく状況劇場の時代から足を運んでいるとおぼしき年配客から、唐十郎の孫の世代の小学生!(関係者の親類か?)まで、老若男女およそ400人が花園神社に詰めかけました。

 新緑も心躍らすテントかな

(吉田ユタカ 2005.4.30)


[公演予定]
大阪公演(4月15-17日 大阪城公園・太陽の広場)
神戸公演(4月23日 湊川公園)
東京公演(4月30日-5月1日 新宿・花園神社)
    (5月7-8日、5月14-15日、6月18-19日 西新宿原っぱ)
    (6月10-12日 雑司ヶ谷・鬼子母神)
水戸公演(5月20-22日 水戸芸術館広場)
豊田公演(6月4-5日 挙母神社)

Posted by KITAJIMA takashi : 09:32 PM | Comments (0) | Trackback

May 02, 2005

遊牧管理人「ヒマワリ-鰐を飼う人」

 作・演出の広瀬格。力のある人だと思った。なぜかひとの心の中がわかってしまう、と思っていたら、その「ひと」はぜんぶ自分だった!――なんて、複雑骨折気味の人間にはひょっとして私のこと??? ドキッとするようなテーマ。それを、心中を吐露したり台詞で説明するなんて下手なこと一切なし、劇の展開で伝えていく作といい、缶蹴り、鬼ごっこ、もぐら叩き、家族ごっこに兄妹ごっこ……それも俳優の役割をどんどん交替させてお父さんが次から次へと出てきたりお兄さんが次々と出てきたり、テンポよく繰り出す遊びで客をほどよく混乱させたり笑わせたりしながら見せていく演出といい、なまなかの凡手ではない。

以下、全文をご覧ください。

Posted by : 06:13 AM | Comments (0) | Trackback

May 01, 2005

劇団、本谷有希子「乱暴と待機」

◎卑屈で不謹慎な人々の、上質な愛の物語

劇団、本谷有希子。
言わずもがな、ではあるが今現在、小劇場界で最も注目を集めている劇団の一つである。

 自分の名前を劇団名にした主宰・本谷有希子の専属役者を設けない「プロデュースユニット」として2000年8月に旗揚げされたこの劇団は、女の濃い情念や身勝手な妄想などを題材にして芝居作りを行っていると聞いていた。題材としては非常に私好みであったものの「松尾スズキに影響を受け過ぎている」という反応を多く目にしていたのであまり気が進まなかった。同時期に、別の劇団で松尾スズキに影響を受けたと思われる舞台を観て、そのあまりの出来に落胆していたので、比べるわけではなくともどこか足踏みをする気持ちが生まれていたのかもしれない。

 ところが、前回公演の『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』と今回公演の反響コメントを目にして、私は居ても立ってもいられなくなった。いろいろとこだわりを持つより自分の目で確かめるべきだ。ということで、恥ずかしながら今回が初見である。本谷有希子の「馬渕英里何にスエットを着せたい」という思いから生まれたという『乱暴と待機』。当日券・立見席で観劇。

 端的に結論を言うと、「面白い!観に来て良かった!」である。
 役者の力も大きいけれど、その役者の力を引っ張り出した台本と演出にも脱帽した。松尾スズキの影は私にはあまり見受けられなかった。特に馬渕英里何の演技力が存分に生かされていることに驚いた。長塚圭史作・演出の『真昼のビッチ』を観た時に「この人は舞台女優として成長するな」という予感があったが、今回の舞台で見事、開花したという印象。

 内容。冒頭で突如、物語のラストの男女四人の光景が繰り広げられる。もちろん、この時点では、おそらくの範囲内でしかなかったのだけれど、観客は物語の前後が分からないままに、男が「最高の復讐を思いついた」と言って家を出て行き、電車に飛び込んだというエピソ―ドを見せつけられる。
 「何で突然、死んじゃってんだよ!」
 印象的なこの台詞を残し、物語は始まる。

 献身的に相手に尽くそうとする小川奈々瀬(馬渕英里何)と寡黙で笑わない山岸(市川訓睦)は二人暮らし。日々、山岸は奈々瀬に対する「最高の復讐」の内容を考えており、奈々瀬はその「最高の復讐」を受ける機会を待ち続けている。奈々瀬は毎晩山岸を笑わせるためのネタを考え、山岸はそのネタに全く表情を変えることなくシュ―ルとベタな笑いの違いについて講義したりしている。そして二人は二段ベッドの上下にそれぞれに横になり
 「おにいちゃん、明日は思いつきそう?」
 「ああ、明日はきっと思いつくさ」
 「良かった」
 と言葉を交わし、眠りにつくのである。どうやら、そんな毎日が繰り返されているらしい。

 そんな中、刑務所で死刑執行のボタンを押す仕事をしている山岸の同僚の万丈(多門優)が奈々瀬に興味を持ち、加えて万丈に思いを寄せている故に振り回されているあずさ(吉本菜穂子)が「奈々瀬に笑いを伝授する」という名目のもと、部屋を訪れるようになってから、二人の不可思議な同居の実態が浮き彫りになってくる。

 なんと「復讐の原因」が何なのか、どちらも思い出せないというのだ。幼なじみだった二人は、十二年前に車の踏切事故で山岸の両親を亡くしているらしい。その際、後部座席に乗っていた山岸と奈々瀬だけが生き残ってしまい、山岸の足に後遺症が残ったとのことだが、そこからは奈々瀬への復讐の原因は汲み取れない。

 山岸いわく、自分の人生がうまくいかなくなり始めた起源を辿ったら奈々瀬に行き着いたのだと言う。奈々瀬も自分のもとに会いに来て「誰も思いつかないような最高の復讐をしてやる」と言った山岸の意思を受け入れ、それで今まで六年間もの共同生活が続いているというのだ。はっきりした復讐の理由もわからないままに。そして山岸は、天井に空いた穴から、時折、奈々瀬の姿を盗み見ては復讐の内容を考えているのである。

 何だかゾクリとした。恐怖とはまた違う。行き場が無いと認識した瞬間の人間の行動に覚えがあるような気がして、興味を惹かれたのだ。感情の理由づけをするために必死な登場人物たち。私は物語の展開と矛盾を楽しみながら、依存状態に入り込む瞬間の人間の姿について考えた。この二人はそれぞれ憎しみと同情の思いに互いが一緒に居ることの意味を持たせているのである。性交渉もない二人の関係は、壁一枚、いや布団一枚を隔てた自身の生きている実感を保つための鎖であるというわけだ。

 その鎖が、万丈とあずさが介入してくることによって徐々に錆びれてゆく。どこか軽快な会話のテンポに笑いながらも、私はちくちくと胸を刺してくる痛みに気付いた。その痛みは、女である自分と奈々瀬を重ねている状況に対するものだった。馬渕英里何は、奈々瀬の「人から嫌われることが何よりも苦痛で、過剰に遠慮して逆に不快感を与えてしまう」キャラクターを堂々とやってのけていた。

 奈々瀬はそれから、誰からも嫌われたくないあまり相手の思うままになり、自分の部屋で万丈と体の関係を持ったり、あずさに見つかって殺されそうになったりする。屋根裏に居た山岸がその行動を止めたことから、覗き見の事実が露呈して、山岸は奈々瀬と別々に暮らすことを提案する。奈々瀬はそれを受け入れる。二人は二段ベッドで、いつもとは違う会話を交わす。嘘を話すという前提で、お互いの思いを伝え合う。

 ところが、いざ奈々瀬が出て行こうとする時に山岸は「復讐の原因」の内容を思い出したと言って部屋に戻ってくる。その理由とは、車が線路内に入ってしまった時に、山岸が「前」と言ったのに奈々瀬が「後ろ」と言って両親を混乱させたからだという。原因を思い出すことが出来た喜びで、六年ぶりに高らかに笑う山岸。しかし、その場で内容を聞いていたあずさが冷静に状況を分析する。

 ―― 前に進んでいたら山岸も奈々瀬も死んでいたのではないか。後ろに戻ったから、二人は助かったのではないのか。

 山岸の笑いが止まる。奈々瀬が焦りを見せる。そんなんじゃない。私が悪いの。私が余計なことを言ったからいけないの。必死で山岸をかばう奈々瀬。呆然とする山岸。すると奈々瀬がここで初めて口調を荒くしながら自分の思いをぶちまける。そうやって、私のことを無かったことにするんでしょうと。そして実は、覗き見の穴は奈々瀬が用意したものだったということが露呈される。奈々瀬は山岸に対し、自分を「復讐」という言葉のもとで受け入れて欲しいがためにそのような行動をとっていたのだった。

 「面倒臭い私ごと、受け入れて欲しかった」

 この台詞が、女である私の胸を突き刺した。う―ん。痛い。どうやらこのシ―ンで奈々瀬が語ったことに対しては賛否両論あるようだが、私は強烈に見入ってしまった。不器用に振舞うことしか出来ない奈々瀬が人間臭くてたまらなかったからだろう。卑屈で不謹慎でどうしようもないけれど、愛しい。・・・と感情移入していると、山岸が「最高の復讐を思いついた」と言って外に飛び出していった。あぁ、冒頭で見せ付けられたラストシーンだ。そういうことか。奈々瀬は山岸が電車に飛び込んだと聞いて笑う。最低で、最強の愛情表現である。なんて、後味の悪い締めくくり。暗転になった舞台を見つめながら、私は胸の中にずっしりと重いものがかぶさってくる感覚を味わっていた。これで終わりだ。カーテンコール・・・と思ったら、舞台は明転し、部屋にひょこひょことミイラ状態になった山岸が帰ってくるではないか!

 指を無くしたものの、助かった山岸は、「本当は絵を描きたかったことを思い出した」と言い放つ。そして再び、奈々瀬との「復讐」という名のもとの共同生活が始まる――。

 本当のカーテンコールの時、私は、しばらくぼんやりとしてしまった。最後に山岸と奈々瀬が、とても幸せそうに笑ったのが印象的だった。これは立派な「愛のカタチ」であるとそう思った。恐るべし。劇団、本谷有希子。心の襞をこのような形で描き出すとは。

 万丈とあずさの展開に強引な箇所は見受けられるものの、それでも充分な満足感を得ることが出来た。女の情念や思い込みを描き出すというから、もっとヒステリックなものを想像していたけれど、全然違う。これは、しっかりと作り込まれた、上質な愛についての物語である。

 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』がDVD化されるらしい。是非、購入して、今回公演との違いを見比べてみたい。
(葛西李奈 2005.4.30)

Posted by KITAJIMA takashi : 11:07 PM | Comments (2) | Trackback
 1  |  2  |  3  |  4  | 5 | all pages