11月1日から新サイトに移行しました。URLは下記の通りです。リンクしている場合はURLを差し替えていただくようお願いいたします。

http://www.wonderlands.jp

October 22, 2005

二兎社 『 歌わせたい男たち 』


最初に書き下ろした劇評からの脱皮を何度も試みた。くり返せばくり返すほど、戯曲に引きずられる運動から逃れられなくなった。今が潮時と妥協して、脱稿することにした。

●〝もしも〟この劇評に興味を抱いたなら…
 観劇前に読むことは勧めません。観劇後に読んで、見方がどう違うのか、比較していただけると、幸いです。さらに、その結果を「コメント」していただけると、お互いにとって、批評眼を鍛えることになるかと想います。欲ばりではありますが。。。


「あなたは卒業式で君が代を歌えますか」。

愚問である、歌う人にとっては。苦悶である、歌わない人にとっては―。

君が代を通して〝原因を憂えず、結果を憂う〟日本人像を活写した『歌わせたい男たち』が、ベニサン・ピットで上演されている。

ある都立高校の卒業式。その直前に、元シャンソン歌手で音楽講師の仲ミチルが眩暈(めまい)を起こす。ミチルが国歌を伴奏するのかしないのか、観客の気を惹きながら、物語は展開する。「眼鏡」と「シャンソン」が随所に場面を引き立てる。

眩暈(めまい)がした時にコンタクト・レンズを落としたミチルは、譜面が読めなくなったので、以前、眼鏡をかけさせてもらったことのある社会科教員・拝島則彦(はいじま・のりひこ)から借りることを想いつく。ところが、拝島は君が代の伴奏に眼鏡を使うのなら貸さない、と拒絶する。この決心が後にシャンソンとの相乗効果をもたらす。

傑作だったのは、校長の「内心」だ。ミチルが本心は国歌の伴奏をしたくないのでは、と疑心暗鬼の塊になる。校長が内心の自由を尊重した過去の文章をビラにされても、あっさりと「前言」を翻す。挙げ句の果てには「もし一人でも不起立者が出たら、ここから飛び降りる」と、校舎の屋上から叫ぶ。内心と「外心」は違う、という裁判所感覚が校長の内心を支える。

この反面教師の見本のような校長が〝教育〟を支配し、不起立者を逆に反面教師の「好例」にして、孤立化に追い込む。その過程を校長は教育「改革」と呼ぶ。その内実は、郵政民営化という「改革」に反対した議員を、造反議員に仕立てる構図と重なる。

最後の局面で、屋上から飛び降りると開き直った校長の「宣言」に、たった一人で不起立を貫こうとした拝島は、選択の自由を奪われる。どっちつかずだったミチルは、拝島の心情を察して、何度頼まれても拒んでいたシャンソンを歌い始める。シャンソンの底流には「反権力の、レジスタンスの魂が流れている」。

ミチルが「どこかけだるく、しかも甘く」歌い出すと、拝島は眼鏡をそっとテーブルの上に置いて姿を消した。心のぬくもりと悲哀を覚えた瞬間だった。


《公演情報》

◇二兎社 『 歌わせたい男たち 』
 ・作/演出:永井愛
 ・出演者:戸田恵子、大谷亮介、小山萌子、中上雅巳、近藤芳正
 ・劇場:ベニサン・ピット (東京都江東区)
 ・上演時間:約1時間50分
 ・公演期間:2005年10月08日-11月13日

Posted by : 12:51 AM | Comments (0) | Trackback

October 16, 2005

劇団桟敷童子「風来坊雷神屋敷」

●上演時間・・・約1時間50分
●観客数・・・・・約150人
●放水量・・・・・(推定)10トン超
●可動面積・・・(推定)100平方メートル超

(以下、公演の舞台装置や演出手法について具体的に言及していますので、これから観劇予定のかたはご注意ください。)

 王子にある飛鳥山公園の広場に現れた「特設天幕劇場」は、パイプの骨組みにシートを張ったテント状のもの。客席は目算で120~130席程度ですが、こけら落とし(?)となったこの日は通路部分を含めてかなり詰めて収容した結果、150人ほどが埋め尽くしました。隣の観客とは肩や足が触れ合うといった感じでしたが、段差による腰掛け式で各自に座布団も用意されたため、まったくの地べたにゴザのみというケースに比べればかなり快適といえます。

 舞台の左右には、谷里の風景のセットが木で組まれ、そこに照明器具もうまく収められていました。舞台前方の上部に配されたパイプがシャワーのごとく雨を降らし、その真下の溝が川として水を受ける仕組みになっています。この日は上演の少し前から雨模様。天幕のシートを打つ本物の雨音が芝居にシンクロするという野外公演ならではの天然の演出が加わりました。

 公演のパンフレットによれば、日本には、捨て子や孤児、病気の子供などを、生贄にするためだけに育てていたという史実があるようです。物語の舞台は戦国時代の雷神峡日陰谷邑(らいじんきょうひかげだにむら)。ここでは大雨によって川が氾濫するため、龍神の怒りを鎮めるべく毎年生贄を捧げています。この年もそうした生贄専門の阿呆丸と呼ばれる娘が派遣されてくるのを期待しますが、阿呆丸が現れなかったときには村の長である重蔵の娘、志乃が生贄になる番。そこに風来坊の興櫓木(こうろぎ)が現れ、「龍神を退治する」と言い出します。

 劇中、刀による戦闘シーンが多用されました。興櫓木(池下重大)や重蔵(原口健太郎)などがサシでやり合う場面は見応えがあったものの、複数の役者が入り乱れる状況においては、いわゆる殺陣としてみると「ぬるい」と感じられる場面があったのも事実です。もっとも、さほど広くない舞台上を10名近くの役者が立ち回る構成を考えれば、やむを得ずといったところかもしれません。

 佳境に向けてポイントになったのが、阿呆丸(板垣桃子)のモノローグ。切なくも力強く慈愛に満ちたその語り口に、評者の左右にいた観客はたまたま二人とも目頭を押さえていました。評者自身の心情を振り返ってみても、「自分が生贄になって死ぬ」と頑固に言い張る阿呆丸の姿には心底いらだちを覚えたりもしましたが、それは結局、板垣桃子の演技にそれだけ魅入ってしまっていたということでしょう。

 「あいつだ。あいつがやって来た」「龍神がすぐそこまで来てらあ」。結局、生贄を捧げることなく村は大洪水に見舞われます。轟く雷鳴とともに左右から大量の水が放出され、舞台全体を30秒近く見事なまでに覆い尽くし、物語自体がカタルシスを迎えます。水をふんだんに使った野外公演というと、たとえば新宿梁山泊の「人魚伝説」が有名ですが、今回の桟敷童子の演出もそれに勝るとも劣らない印象を残したといえそうです。

 ラストの重蔵と阿呆丸が村から旅立つ場面では、二人は劇場を飛び出して公園の木々の向こうへと20~30メートルも進んでいきますが、そのとたん、劇場の天幕がゆっくりと後方へ移動を始めたかと思うと、やがて舞台から客席の前方半分ほどにかけてぽっかりと秋の夜空が広がりました(幸い、雨は一時的に小降りに)。あたかも開閉式のドーム球場のようで、上方の照明を設置するためのやぐらも姿を現しました。劇場の一部が可動式という仕組みは野外公演ではおなじみですが、星の見える夜であれば、また違った趣になったことでしょう。

秋雨に龍神荒ぶる飛鳥山

(吉田ユタカ 2005.10.15)


劇団桟敷童子「風来坊雷神屋敷」
■場所:北区・飛鳥山公園内 特設天幕劇場
■日程:2005年10月15日(土)~10月30日(日)
■ 作 :サジキドウジ
■演出:東憲司
■美術:塵芥
■財団法人東京都歴史文化財団
  平成17年度創造活動支援事業
■北とぴあ演劇祭参加
■第60回記念 文化庁芸術祭

Posted by : 09:09 PM | Comments (1) | Trackback

October 14, 2005

Uフィールド「森の奥へ―カフカ『審判』より―」

今年(2005年)の3月に客演した劇団の新作でした。

知人ばかりの舞台は「駄作だったらどうしよう」といつも思うのですが、
今回はその心配は完全に取り越し苦労でした。

確かな演技と斬新な構成・演出で、今のところ個人的にはこれが今年のベストワンです。
どこに出してもどこでやっても恥ずかしくない作品。
必見。

おはしょり稽古より「おもしろくて、胸が詰まる」

Posted by : 03:51 AM | Comments (0) | Trackback

October 13, 2005

アートネットワーク・ジャパン+Ord-d.dプロデュース「サーカス物語」

アートネットワーク・ジャパンの運営する廃校利用の稽古場「にしすがも創造舎」での「にしすがも創造舎演劇上演プロジェクトvol.1」として、ミヒャエル・エンデ作の「サーカス物語」が上演されました(10月7日〜10日)。演出はOrd-d.dの倉迫康史さん。元中学校の体育館に足場を組んで上下左右に空間的広がりのある舞台を作っていました。客席も丸く横に広がりのある設置。サーカス小屋を模したということでしょうか。

アートネットワーク・ジャパン+Ord-d.dプロデュース『サーカス物語』

Posted by : 02:52 AM | Comments (0) | Trackback

October 12, 2005

ギンギラ太陽's「翼をくださいっ! さらばYS-11」

福岡を中心に活動する劇団、ギンギラ太陽'sがPARCO劇場で公演しました(10月7日〜10日)。地方の小劇場系と思われる劇団がいきなりPARCO進出というのは異例だと思います。普段は九州地方でしか活動していなかったようで、初見の劇団となりました。「かぶりもの」が特徴のようですが、単なるおふざけではなく、完成度の高い作品を見せてくれたと思います。「デジログからあなろぐ」さんもご覧になっているようです(執筆者なのに勝手にリンクごめんなさい。)。

ギンギラ太陽's『翼をくださいっ! さらばYS-11』

Posted by : 04:28 AM | Comments (0) | Trackback

October 04, 2005

シス・カンパニー「エドモンド」

 シス・カンパニー公演「エドモンド」公演が東京・青山円形劇場で開かれました(8月19日-9月13日)。取り上げたのは、米国の劇作家デヴィット・マメットの原作。演出は、いま脂の乗っている長塚圭史。小泉今日子やテレビ番組「トリビアの泉」で人気の八嶋智人らも出演するので話題になりました。

 「stage note archives」サイトによると、この物語は「ひとりの男が、占い師の元を訪ねる。『あなたは、居るべき場所にいませんね。もっとも居るべきところに居る人間なんて殆ど居ませんが、あなたの場合はそれが顕著です』。その言葉に動かされた男は街へ飛び出していく。『こんなはずじゃなかった』人生を取り戻すために。だが、どうやって? 平凡だったはずの男の人生が、ひょんなきっかけで転落していってしまうという物語」だそうです。

 続いて「占い師を訪ねてから、グレナの家までの前半がすっごく良かった。ある種ロードムービーみたいで、入れ替わり立ち替わり芸達者な役者さんがそれぞれ違う姿で現れるのを次から次へと眺めて飽きない。悪意のささやき、暴力、裏切り、自分へ向けられた嫌悪感、そういうものがエドモンドの中にどんどん蓄積していくのが手に取るようにわかって目が離せない」と述べていますが、その後は「前半に較べるとテンションが急に落ちる」と指摘しています。

 公演評を書き留めたサイトは少なくありません。そのうちのいくつかからピックアップします。

「白人の彼の中にある黒人差別や、宗教への逃避を通しながら追い詰められた人間が選ぶ行動を描き出し、その向こうにある、「他者の受容」へと向かって彼は動き出していく」(観もしないのに文句を言うな。

「デヴィット・マメットの作品だと私はtpt『シカゴの性倒錯/カモの変奏曲』を拝見しています。卑猥でどぎつい言葉が行き交い、目に嬉しくない厳しい現実が描かれますが、真正直に、てらいなく意見をぶつけてくる感覚が面白いと感じていました。今作『エドモンド』は非常に重たくシリアスな空気が満ちた1時間35分でしたが、『シカゴ・・・』同様にマメットの気概を受け取った気がします」(しのぶの演劇レビュー

「マクドナー作品の強烈なアクや長塚作品の重厚さを体感した後でこの作品に触れると物足りないというのが第一印象。脚本が二十数年前に書かれた作品ということも多少は影響しているのかもしれませんが」(踊る芝居好きのダメ人間日記

「妻に『家を飛び出す』と宣言するエドモンドの主張がかなり身勝手すぎるものだったからか、『普通の人生を送っている男が』堕ちてゆく物語には見えなかった。どちらかというと『堕ちる素質を元々持っていた男が』堕ちてゆく物語に見えてしまった。多分、エドモンドが切れたときの台詞回しがまるっきり翻訳調で、外国映画みたいだったのもその理由のひとつだと思う」(芝居遊歴控


「役者も演出も美術もどれも悪くはないのにこの盛り上がりのなさはなんだろう.戯曲そのものが全然おもしろくない.主人公が袋小路に入っていく様子もなんだか1人から回りしているようにしか思えなくて、どうにも古臭く感じてしまった.自分を省みず全て他人に原因を押し付けておきながら言うことだけはご立派という主人公に、最初から嫌悪感を持ってしまったので、彼がどんなにひどい目にあっていこうが自業自得としか思えず、そんな彼が最後に救いを感じてるのかやけにさっぱりすっきり健やかなのが気持ち悪かった.そんあのありか?っていう.そんなわけでもっとも理解できないのが肝心の主人公だった」(mamiの観劇覚書


[上演記録]
シス・カンパニー『エドモンド
青山円形劇場(8月19日-9月13日)

作: デヴィット・マメット
演出: 長塚圭史
出演: 八嶋智人
大森博史
酒井敏也
小松和重
中村まこと
明星真由美
平岩紙
小泉今日子

スタッフ
美術 : 堀尾幸男
照明 : 小川幾雄
衣装 : 前田文子
音響 : 加藤温
ヘアメイク : 大和田一美
演出助手 : 坂本聖子
舞台監督 : 瀧原寿子
プロデューサー : 北村明子
企画・製作 : シス・カンパニー

Posted by KITAJIMA takashi : 11:39 PM | Comments (0) | Trackback

October 01, 2005

青年団「S高原から」

見てきました、本家本元。

今日が初日ですので、二日目以降をご覧になる予定がある方は観劇後にご覧ください。

おはしょり稽古より「二十一世紀の古典演劇」

Posted by : 04:56 AM | Comments (0) | Trackback
 1  |  2  | all pages